f:id:miya_ma:20150715002123j:plain

これは 少し前 環八の鵜の木あたりの風景

森だったところに マンションが建とうとしているところです

なのできっと今は こんなにひらけてはいないでしょう

この時だけの空

この時だけの雲

友人の住む下丸子のタワマンが よく見えますね

f:id:miya_ma:20150715002628j:plain

蜘蛛の巣に捉えられたカマキリを見た

ほんとうに いっしゅん作り物かと思うくらい 綺麗な姿が

夏空を背景にして浮かんでいた

見事なグリーンカラーは初夏をさわやかに告げて

あなたがそこで生きているよう

いまにも狩りを開始しそう

細長い手足も 美昆虫としての誇りを感じさせる

だけど カマ!

足りないものは 鎌

カマキリにとってはいちばんのアイデンティティである 鎌

最初に食われてしまったの

もうないの

f:id:miya_ma:20150715003003j:plain

前に少し書いたかもしれませんが 出身研究室で 珍しい進路に進んだ卒業生がスピーチするシンポジウムで 10分間 話をしてきました

上記写真。

こんな遠景でも半白髪がわかる!

そんな変なことを話したわけでもなく、フリーランスはお金が厳しいので当たり前の人付き合いは出来にくいことや、地域障がい者や家族のニーズはいろいろだとか、詩でいくつか賞をとりましたとか、案外ふつうのことを話しています。

駅員の話はしていません。

聴いていた方は、「お金が無い」って部分が印象に残ったようで、生活苦しいの~?なんて10年ぶりに逢う同級生に心配されたりしました、ごめんね心配かけてしまって。

ほんとうはそんなに苦しくありません。

パソコンまた衝動買いしそうな勢いですから・・・

f:id:miya_ma:20150715003841j:plain

その後のことを、ここに書いていいものかと思うのですが、

大事なことなので書きます・・・。

 

シンポジストのみんなで 打ち上げをしましょうということになりまして

わたし以外はアラウンド還暦の先生方

話の流れでその予算が6000円と言われ、

  松岡はそんなに出せないので霊魂だけを出席させます

なんて 空気を読まずに言ってみたら

会場が お安いところに なりました

(蒲田でいえば とりまん的なお店?)

トイレがハイクオリティでないので 偉い先生方を打ち上げにお招きするのは ちょっと待とうかな?という流れになったりして・・・

ああ 有難いことだわ!

大学の先生たちをお招きするのがためらわれるほどのヤヴァイお店で打ち上げが出来るなんて・・・本当に素晴らしい流れだ。

わくわくしてきた!

そんな運命の転がりを許容してくれた先輩方に感謝するばかりです。

感激でおもらししてしまいそうです

ああ トイレがヤヴァイなんて・・・おむつでもしないと・・・・

そういえば蒲田Studio80のトイレなんて ドアが無いんだよ・・・

わたしはそんなふうに 気の向くままに・・・予定調和でない流れに転がるのが 案外好きです

  (トイレがヤヴァイ!という概念に興奮しているだけかもしれません)

空気を読めないことは神の祝福

空気読めない状態は生まれたての髪、キューティクルの真珠が輝く・・・

でもちょっとくらいは 申し訳ない気持ちも湧いてきており・・・

わたしはたくさんの人に嫌われているかもしれないなあと思いますがそれも本当はよくわからないのです、ほんとうにすみません。